女性の一人暮らし防犯

一人暮らしの防犯│女性の宅内防犯は第三者の介入がないカメラ型がおすすめ

一人暮らしの防犯│女性の宅内防犯は第三者の介入がないカメラ型がおすすめ

一人暮らしの女性が自分でできる防犯対策とは

進学や就職などで一人暮らしを始める女性は、日常的な防犯対策を行う必要があります。すでに一人暮らしをしている女性も、住まいの防犯について十分な注意と計画が必要です。
一人暮らしの女性が気を付けるべき一般的な10個のポイントをご紹介します。


南向きの部屋




① 住まい周辺の環境を確認する
賃貸物件を探す際、まず居住地周りの環境を確認することが大切です。
居住物件の室内設備だけでなく物件のエリアがどういう環境なのかは毎日の生活に大きく影響します。まずは安全なエリアを選ぶことが重要です。犯罪率や治安情報を確認し、コンビニの近くなど比較的夜も明るい場所を選びましょう。

② 賃貸物件のセキュリティ環境
物件に防犯カメラはあるか、インターホンは画像・録画対応か、もしないようであれば自分の部屋に設置を検討することをお勧めします。日常的に不審者に対する注意が必要です。

③ 日頃からの近隣住人とコミュニケーションをとる
一人暮らしの場合、近隣の人々や地域の年配者と良好な関係を築くことで、緊急時に助けを求めやすくなります。地域のイベントや会合に参加して顔見知りになると安心です。

④ 夜間や帰宅時の注意
夜間の帰宅が多い場合は人通りの少ない場所など注意が必要です。友人や家族に自分の行動予定を伝えておく、定期的に連絡を取る、などで安心感が増します。

⑤ 緊急時の対策
防犯ブザーやスマートフォンのアプリを利用して、緊急時に速やかに助けを呼べるようにしましょう。近くの警察署や医療機関の場所を知っておくことも重要です。

⑥ 宅内の防犯対策
室内には防犯対策として、補助錠やセンサーライト、防犯カメラなどを検討して設置しておくと良いでしょう。

⑦ 財布や現金類の管理
公的な書類や重要な書類、貴重品は施錠できる場所にしっかりと管理し、外出時には必要最小限のものだけを持ち歩くように心がけましょう。

⑧ 知識の向上
緊急時の自己防衛技術や基本的な応急手当の知識を身につけておくと、安心感が増します。

⑨ 不審者への注意
不審者や怪しい行動には敏感になりましょう。怪しいと感じた場合は、速やかに安全な場所に避難し、警察に通報してください。

⑩ 信頼できる人との連絡
家族や友人と定期的に連絡をとっておくことで、いざという時に安全確認がりやすくなります。


【関連記事】




女性の一人暮らしの場合、予測できない事態に備えることが大切です。自己防衛の意識を高め、日頃から周囲の状況に敏感になっておくことが安全な生活を送るためにも重要です。


広々としたダイニングキッチン






集合住宅はなぜ狙われやすいのか

マンションにはエントランスなどの共用部があり、マンションの入居者はもちろん外からの訪問者が自由に出入りできるので、正面から怪しまれずに侵入できるだけでなく、ベランダ沿いに隣へ簡単に移動できるので、一度に何軒も侵入することが可能になってしまいます。
オートロック設置のマンションだから無施錠でも大丈夫、高層階に住んでいるからベランダの窓は開けていても大丈夫、といった油断も危ないと言えるので防犯意識を今一度考え直す必要があります。

マンションは隣人とのコミュニティが希薄なので、たとえ顔を見られたり、多少音を立てても怪しまれることがなく、昼間に堂々と侵入されるケースが少なくありません。
ワンルームマンションであれば単身者が多く、電気がついていなければ留守だと言うことがわかってしまいます。




防犯サービスは本当に安全か

一般家庭向けのセキュリティシステムは「ホームセキュリティ」と呼ばれ、警備会社が個人に向けて提供している防犯サービスです。火災やガス漏れ、盗難などのトラブル対応や、空き巣、ストーカー対策などにも効果があります。

しかし、セキュリティーシステムを導入するために設置工事が必要であったり、駆けつけ型の場合は合鍵を防犯サービス会社に共有しなければいけなかったり、その鍵を使って侵入される事件があったりなど、デメリットもないとは言えません。

24時間365日監視されることは安心であることには間違いはないかもしれませんが、「第三者のだれか」に監視されているとも言えるため、それがいずれ「見られている」「監視されている」といった精神的負担になる可能性もあります。

「誰かが駆け付けてくれる」
という安心感は
「誰かに監視されている」
ストレスでもあるのです。



集合住宅の玄関が並ぶ通路


女性が自分でできる防犯対策

ホームセキュリティには、大きく分けて「プロと契約するタイプ」と「セルフタイプ」があります。
プロと契約するタイプはホームセキュリティー会社と契約を行い、「第三者に防犯を行ってもらう」ことになります。金額も3,000円から5,000円と少し高くなりますが、不在時の宅内侵入、窃盗にも対応できるなど安心感は大きいと言えます。
しかし契約期間が5年程度と長く、また機器類の設置工事もあるため賃貸物件に個人で加入するのは難しいケースも多いのが難点です。

セルフタイプは、工事などの必要がないセンサーやカメラを置いて宅内を自分で見守る防犯になります。第三者が介入しないので、ひとり暮らしの家の中を見られることなくスマホから防犯を行うので、女性でも安心です。
カメラなどの機器類を購入すると使わなくなってからの物理的負担が発生するので、引っ越しの予定があったり一時的な利用の場合はカメラを購入しなくても使える見守りサービス、防犯サービスに加入するのがよいでしょう。


一人暮らしの部屋



女性の一人暮らし、防犯サービスなら第三者の介入がないカメラ付き防犯サービス「ピースアイ」がおすすめです。
カメラは寝室に置いて窓からの侵入者を確認できるようにするとよいでしょう。またもう一台を玄関に置いて日常的な訪問者の確認ができると安心です。ピースアイならカメラを複数台置いてもひとつのアプリで確認することができます。




カメラ付き見守りサービス「ピースアイ」料金プラン

point1:高画質映像(200万画素・フルハイビジョン画質対応)
point2:クラウドサーバーへの15秒間の検知映像の録画と30日間の保存
point3:双方向会話
point4:5つの検知センサー搭載
point5:月額550円でスマートホームも利用可能

オプションの家電コントローラを追加すると、今ある家電でおうちがスマートホームに!外出先から部屋の照明を付けたり室温管理ができて毎日快適です。
家電コントローラは赤外線リモコンで操作できる家電ならそのまま使えるので買い替えの必要なし。ピースアイアプリひとつでカメラも家電コントローラも操作可能。


ずっと安心プラン
月額利用料:アプリ/クラウド利用料「869円」

ずっと安心プランなら12か月以上のご利用を条件に、月額がアプリとクラウド利用料のみ。カメラの利用料0円で、ずっとお得にご利用いただけます。

今だけプラン
月額利用料:アプリ/クラウド/ネットワークカメラ利用料「1,089円」

引っ越しが決まっていたり、誰かと同居するなど環境が変わる予定がある方、期間が想定される方はこちらのプランがおすすめ

「だれか」ではなく「自分で」防犯。検知動画を自動保存、正確な状況の把握ができて毎日安心。物件に防犯対策がされていても自宅の防犯は必須です。
防犯対策、犯罪抑止ならおうちの防犯サービス「ピースアイ」で、毎日安心。



オフィスの自席で宅内の様子を確認する女性




■ 一人暮らしの女性の防犯なら「アプリ、ネットワークカメラ、クラウド」の利用料が含まれて月額定額の「見守りサービスピースアイ」がおすすめ。第三者の介入がないから安心。