ペットの見守り

ペットの見守り│ペットを飼ったらまずどうする?毎日の声かけと留守番中の見守りは必須!

ペットの見守り│ペットを飼ったらまずどうする?毎日の声かけと留守番中の見守りは必須!

飼い始めは新しい環境に慣れていないので、ペットも飼い主も不安がいっぱいです。
犬、猫、エキゾチックアニマルの見守りについて、どういったことに注意が必要か、犬、猫、エキゾチックアニマルを家族に迎えたら、まずは何をするか、それぞれのペットに合わせたポイントをご紹介します。

大型犬、中型犬、小型犬と犬の種類は様々。しかし、飼い始めの不安な気持ちや神経質になるなどのメンタル面でのケアはどの動物でも同じです。
犬を飼い始めたばかりの時は、環境が変わり精神的・肉体的ストレスが重なって体調を崩しやすい時期です。特に飼育開始1〜2週間が最もストレスがかかると言われています。
その間はご飯を食べる、お水を飲む、眠るなどはケージで過ごすようにし、過度なスキンシップは控え、新しい環境に慣れるよう、しっかりと見守る必要があります。

机の上に顎を載せているダックスフントシナモン



食事と水: 犬の食事は正しい栄養を提供し、食事の量を過不足なく調整します。
社交性: 犬は社交的な動物です。他の犬や人間との社交を目指して、社交的なスキルを養いましょう。
訓練:基本的な訓練と服従訓練を行い、好ましくない行動を管理します。
緊急医療: 緊急事態に備えて、主観の獣医の情報を確認し、必要な医療を提供できるようにします。

トイレトレーニングは生後2〜3ヶ月から始めるとよいため、家族に迎えたらすぐに始めdください。人が余り通らない部屋の隅に設置するのがベストです。

【関連記事】




ふわふわの寝床に寝そべってこちらを見ている柴犬赤ちゃん




猫をペットカメラで見守るのは意外と難しいと言われています。
猫は気まぐれで気ままな性格のため、見守りで設置したペットカメラに馴れるとわざと隠れたり、見えないところに行くようになったりしてしまいます。
毎日のかわいい姿を見るために、猫のお気に入りの場所を探し出して見守り用のペットカメラを複数台設置し、検知動画を保存するなど、涙ぐましい努力が必要なところも猫を飼う醍醐味と言えます。

猫を飼うのに適した時期は、生後7~8週以降、親兄弟猫とある程度一緒に暮らしていた子猫が良いと言われています。
猫は単独行動を好み、拘束されることを嫌います。また警戒心が強く、防御的であることも特徴です。独立心が強く、縄張り意識が高いので、自分の領域を守るための猫特有のマーキング行動や、鳴き声、体の動きを使ったコミュニケーションを行います。

木製のチェアの足元であおむけにこちらを見ているレッドタビー&ホワイト




猫の性格は、育つ環境によっても変化しますが、猫が育った環境よりも親からの遺伝が性格を決める上で重要な役割を持つと言われています。性格は母猫よりも父猫に似る傾向があるのも猫ならではのユニークな特長です。

環境づくり: 猫は環境に影響を受けやすいです。最低でも3ヶ月齢頃までは猫用のケージを用意しましょう。その後、新しい環境に慣れてきたら猫が喜ぶような遊び道具やキャットツリーを提供し、猫が過ごしやすい環境を整えて楽しく暮らせるようにしてあげましょう。

食事と水: 猫の食事もバランスが重要で、新鮮な水を提供します。
猫用トイレ: トイレの清掃と適切な猫砂を提供します。
緊急医療: 緊急事態に備えてかかりつけの獣医の情報を用意しておきましょう。

【関連記事】






ブラウンタビー、ねこパンチを繰り出す構え



エキゾチックアニマル

エキゾチックアニマルとは、犬猫や牛・豚・トリなどの産業動物以外の動物のことを総称した呼び方で、ウサギ・ハムスターなどの小型哺乳類および鳥類などの小動物が愛らしく飼いやすいため、ペットとして人気です。
最近では爬虫類もヒョウモントカゲモドキは見た目の愛らしさと人に馴れやすいことから人気が高いと言われています。

【関連記事】



ハムスター

ハムスターは夜行性なので、昼間の明るい時間帯は寝ていることが多いですが、夜飼い主が帰宅するとちょうど起きてきてくれるタイミングです。
フードは毎日決まった時間に決まった量を与え、なくなってしまっても頬袋で持ち運んだエサがケージのどこかにあるので、追加せず決まった量をあげましょう。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターは決まった所でオシッコをすることが多く、陶器やプラスチックなどのハムスター用トイレを使えばお掃除が簡単で手間がありません。水分を吸ったところが固まる砂を使ってもよいでしょう。
頻繁に掃除をしないとケージの一部に尿石がつき匂いも出てくるため、汚れた部分は毎日拭くなどケージの中は清潔な環境を心がけてください。

【関連記事】











ハムスターのくしくし



専門的な知識: エキゾチックアニマルを飼う場合、その種に関する専門的な知識が必要です。
正しいケージと環境: エキゾチックアニマルのために正しいケージや環境を提供します。
食事: エキゾチックアニマルの食事は種類によって異なります。専門的な食事に注意します。
緊急医療: エキゾチックアニマルの健康問題に備え、専門的な獣医を見つけます。


また、どのペットに対しても定期的な獣医師の観察と予防接種が重要です。 また、ペットの行動をよく観察し、異常な行動や健康の変化に対処できるようにすることも大切です。

女の子のハムスター尻



インコ・文鳥

インコと文鳥は犬猫と並んで昔から人気のあるペットで、お世話がしやすいうえにとにかく人に懐きます。飼い主にもとても懐いて、言葉を覚えてお話ができるようになる子もいます。

止まり木に並ぶグリーンイエローのセキセイインコ左とノーマル文鳥右




インコは大きい音が苦手で繊細で臆病ですが優しく接するととても信頼してくれます。
人間以外でも雛から一緒にいる場合は犬や猫にも懐くくらい好奇心旺盛で、面白そうなものを見つけると夢中で遊びますが、構ってあげないとストレスで体調を崩すくらい寂しがり屋なため注意が必要です。
しかし飼いにくいということは決してありません。元気よくさえずるので、お返事してあげるとよくお喋りするようになります。


【関連記事】








止まり木に止まって左に首をかしげているボタンインコブルー




文鳥はとても賢く明るくて活発的です。
ケージはなるべく広いものを用意し、その中に文鳥が落ち着いて過ごせるシェルターなどを設置してあげるとよいでしょう。底を引き出せるタイプなら、掃除がしやすくて便利です。

縄張り意識が強く、また人見知りが激しい繊細な一面もあるため、出来ればケージは一羽にひとつ用意してあげたほうがよいかもしれません。
とはいえ文鳥もインコと同じく寂しがり屋なので、人がいないとストレスを感じてしまいます。同じ部屋に人がいると安心して遊びます。
また日光浴が大好きです。ケージを窓の近くに置いておいてあげましょう。





ぷっくりとしたかわいいほっぺを見せびらかすノーマル文鳥アップ




カメラでしっかり見守り

カメラ型見守りサービス「ピースアイ」なら付属のネットワークカメラを置くだけ。届いたその日からペットの様子を見守ることができます。
音や動きでセンサー検知。ピースアイならもしもの様子も見逃さない!

猫やハムスターなどの夜行性の動物でも高感度CMOSセンサーでカラー視聴可能。
・ペットのお留守番を見守り
・高齢ペットの見守り
・もしもの時は病院に動画を提示
・クラウド利用料は30日間容量無制限なのに定額。検知動画の自動保存でもしもの時も安心。



左斜めを向いて、かわいい右のほっぺ(赤)を見せびらかしてくるオカメインコ




ペットを飼ったらカメラで見守り。

30日間容量無制限でクラウドが利用できるから、いざという時でもさかのぼって検知動画を確認可能。犬や猫、インコなどのエキゾチックアニマルの可愛い姿を見守るだけではなく、健康管理や生活環境を整えて毎日を快適に!

カメラ付き見守りサービス「ピースアイ」料金プラン

■ペットの見守りサービスピースアイは「ピースアイアプリ、ネットワークカメラ、クラウド」の利用料が含まれて月額定額!2台以上ご利用ならさらにお得!

小鳥は寂しがり屋です。小鳥をお迎えしたら毎日見守りいつでも、声かけ。